糸の結び方 縫い終わりの玉どめ

手縫いでは縫ったときに糸が抜けないようにするために縫い始めと縫い終わりを結んでとめます。

縫い終わりの結び方を「玉どめ」と呼びます。

この玉どめのやり方をご紹介します。

玉どめ

※わかりやすいようにリリアン糸を使っています

縫い終わりの糸が出ている根元のところに針を当てます。

針を利き手の反対の親指で押さえ針先に2、3回糸を巻きます。

巻いた糸を同じく利き手と反対の親指で押さえながら針を抜きます。

固く糸を結びます。

固く糸を結びます。

できあがり♪

動画